ブログ記事のリライト候補選定&導線追加でPVを大幅増加させる方法

ラボくん
ラボくん
どうも!ラボくんですよ!
今回は、少ない労力でPVを大きく伸ばす方法をお届けしていきます!
アフィ博士
アフィ博士
個人ブログ運営で課題となりがちなのが、「労力」「時間」なんじゃ。
むしろこの2つが改善されれば、ブログを成長させられる可能性はグンと広がるぞ。
今回は、個人ブログ運営で大切な労力をかけずにPVを伸ばす方法を解説していくぞ。簡単な方法だからサクッと試してみよう!

個人ブログの記事をリライトしてPVを伸ばす考え方

まず、考えるべきは先ほど博士も少し話した通り、いかに労力を使わずにブログの成長に貢献できる手数を増やすかという部分が重要です。

個人ブログだと、何かと自分でやるべきことが多く、効果的な施策がどれなのか検討をつけることが難しくなっていきます。

そのことはリライトに当てはめても同じことが言えます。

ブログを成長させるために記事をリライトすることはすごく重要なことの一つです。
だからと言って、ブログ内の全ての記事をやみくもにリライトしても効果が出るまで時間がかかるし、賢い運営の方法とは言えないかもしれません。

ラボくん
ラボくん
博士こんな時どうすればいいの??
アフィ博士
アフィ博士
ラボくん、悩んでいるようじゃなぁ。
ズバリ、リライトする記事は優先順位をつけて絞る必要があるのじゃ。
リライトしたらすぐに効果が出る記事順に並び替えられるとすごく賢くリライトできるんじゃよ
ラボくん
ラボくん
なるほど…!
優先順位をつけて、リライトする記事を決めて、それだけをリライトしていく形で進めればいいんだね!
でもでも、効果が出やすい順に並び替えることなんかできるの??
アフィ博士
アフィ博士
実は、いくつか方法があるのじゃが、今回はその中でも簡単な1つの方法を解説していくぞ

直帰率の改善のためのリライト候補記事の選定方法

直帰率が高いということは、もったいないPVの取りこぼしがあるということ。
読者がせっかくブログに記事を読みに来てくれているのに、すぐに別のサイトにいってしまうわけです。

めちゃくちゃもったいない。。

こんな時には、記事をリライトして効果的に導線追加を検討した方が良いんですが、記事がたくさんあると地道な作業に感じますよね。

そこで直帰率改善の際にサイトを簡単に分析し、少ない労力でリライト効果を高める方法を解説してきます。

Google Analyticsで記事を直帰率の高い順に並べる

直帰率の確認はGoogle Analyticsで行います。

「行動→サイトコンテンツ→全てのページ」で記事ごとで直帰率をチェックできる画面にします。

上記で示したように直帰率を押すと、直帰率が高い順に並びます。
これだと直帰率100%の記事が上から並んでしまって、アクセスが低い記事もたくさん並んでしまっています。

ラボくん
ラボくん
これだとどれから手をつけて良いか分からないね…!

そこで、、、

加重平均を使ってリライトの効果が高い記事順に並び変える

上記のように加重をクリックすると、、、

つまり、「アクセス数が高く、直帰率が高いもの順」に並び替えてくれています。(加重平均なので単純ではないですが、だいたいこんな意味だと思っとけば大丈夫です)

アフィ博士
アフィ博士
上から順に、リライトで直帰率改善の効果が高く見込める記事というわけじゃな。
このように記事選定が楽だと労力少なく成果が出せるから、ぜひ今日から使って欲しい機能じゃよ!

効果的な導線設置でPV増加にインパクトを出す方法

先ほどの分析でリライト候補の記事は選定できましたね!

次は選定された記事をリライトしていく作業に入っていきます。

導線設置で最低限ポイントになるのは2つで、

  • 導線を追加する場所でのニーズ
  • クリックしたくなるタイトル

以上の2つです。

導線追加する場所でのニーズ

導線追加する際に、「どこに導線を置くか」は悩みどころの一つだと思います。

ですが、PVを増加させるという視点で言えば「どこに置くか」よりも「導線を置くと決めた場所のニーズを知ること」が重要です。

理由は簡単で、ニーズがなければクリックしてもらえないからです。

ニーズを知るだけで、読者が欲しいタイミングで導線を設置できるため、多くのクリックを集めることができ、結果的にPVが増える結果になりますよ!

クリックしたくなる記事のタイトル

クリックしてもらうためには、やっぱりクリックしたくなるタイトルにする必要があります。

これはもう説明不要だと思うので、以下の記事を参考にタイトルを考えてみましょう!

アフィ博士
アフィ博士
ブログのタイトル例をふんだんに解説しているので、かなり参考になるはずじゃ!