本質を突くペルソナ設定 | 作り方を分かりやすく体系化してみた

ラボくん
ラボくん
どうも!ラボくんです!
みなさん、ペルソナって作ってますか?

「作った方がいいと言われたから作ったけど、あんまり参考にならない・・・」

ラボくん
ラボくん
そんな方も多くいますよね。。
ペルソナの作成方法はググったらたくさんあるのに、実は参考になる記事ってごくわずかだったりします。博士助けてあげて!!
アフィ博士
アフィ博士
ラボくん、任せなさい!
今回は、そんな方のために本質を考えたペルソナ設定の方法を解説していくぞ。

そもそもペルソナとは?

ペルソナとは、サービスや商品を使う典型的なユーザー像です。

サービスを利用している実際のユーザーであるかのようなイメージを作ることで、コンテンツ作成やサイトデザイン、サービス設計…など、もろもろを作成・設計する際に参考になるものになります。

アフィ博士
アフィ博士
実際にペルソナを作って意識しながら設計できるかでコンテンツやサービスの質に大きく関わってくるんじゃよ。ペルソナ設定をすることのメリットを次に見ていくぞ

ペルソナ設定の4つのメリット

集めたいユーザーが集められる

ユーザーはとにかく集めることが大切というわけではありません。
集めたいユーザーを集めることが大切です。

そのためには、集めたいユーザーを知っておく必要があり、欲しいユーザーに向けて記事を書く必要があります。

つまり、そこで効果的なのがペルソナに向けて記事を書くことなんですね。

アフィ博士
アフィ博士
ペルソナに向けて記事を書くことをやっていないアフィリエイターも多いんじゃが、成果を出したいなら立てるべきじゃよ

キーワード×ペルソナで企画が立てやすい

記事を書くときにSEO対策をするために狙いたいキーワードを選定するかと思います。

単純にキーワードを選定して記事を書くだけだと、独りよがりな記事が出来上がってしまい、誰にも読まれない記事になってしまいます。

そこでペルソナを使ってキーワード選定を行うことで、ペルソナが欲しい情報をイメージしながらキーワード選定ができるため、記事の企画も考えやすくなります。

アフィ博士
アフィ博士
しっかりイメージできるペルソナが手元にあることで読者が欲しい情報をイメージできるから成約率を高めることも可能じゃ

サイト設計する際にニーズを考えて最適化できる

例えば、女性と男性では好む色合いが違ってきますよね?

サイト設計では、サイトの構造もデザインも関わってくるためペルソナがしっかり設定できているかどうかで、設計の方向性をイメージしやすくなってきます。

「この人はどんなサイトを好むかな??」

と考えて、サイトデザイン、設計を考えていくことが重要です。

アフィ博士
アフィ博士
設定したペルソナが好きそうなサイトを洗い出して、特徴の共通項を洗い出してみるだけでもサイト設計の参考になるぞ

外注ライターにお願いする記事の質を高められる

外注ライターさんに記事を書いてもらう際に大切なのは、自分とライターさんの意識を統一することです。

そんなときにペルソナは意識統一にも効果的に力を発揮します!

ペルソナがあればライターさんに最低限渡す情報は、

  • 対象のペルソナ
  • 狙うキーワード

以上の2つです。

あれこれと指示をして、質の低い記事を納品されるより、最低限この2つを渡して意識統一し、最低限の品質を満たす記事を納品してもらう方が何倍も時間を有効活用できますよね。

ラボくん
ラボくん
ペルソナを使ってライターさんへの意識を統一をするための使い方もできるんだね。クラウドワークスを見てもペルソナをライターさんに伝えられている人は少ないよ。だからこそ逆に、ペルソナを作っておくだけでライターさんは記事作成が格段にしやすくなるからおすすめ!

ペルソナ設定のゴールとは?

さて、ペルソナ設定が超大事だということは伝わったでしょうか?

では早速ペルソナ設定をしようと考えて、よくあるのが

  • 年齢
  • 職業
  • 住所
  • 家族構成
  • 趣味
  • …etc

といった項目を埋めてペルソナを作ることです。

特に問題ないように見えますが、実はそれが穴です。

ここを履き違えがちで、ペルソナ設定では項目を埋めることに躍起になりすぎる点がすごく問題なんですね。

ペルソナ設定のゴールは、ペルソナを鮮明にイメージできること、考えていることを見える化することが大切なんです。

  • 何が好きか、嫌いか
  • 行動に映る時はどんな時か?
  • 考え方は?性格はどんな感じ?

といったことがイメージできる人物像でないと、ペルソナを作っても活用できないんです。

アフィ博士
アフィ博士
ゴールを明確に項目を埋めるだけのペルソナにならないようにしないとダメじゃよ

本質を考えたペルソナ設定を作る方法3STEP

ペルソナ設定STEP1:基本項目を作る

ペルソナ設定する際には、イメージできるように最低限項目を用意しておく必要があります。

  • プロフィール画像
  • 職種
  • 人間関係
  • 現在の仕事
  • 趣味
  • 悩み
  • サービスの選び方

まずは上記の項目で人物像を作り上げていきます。

アフィ博士
アフィ博士
人間性が分かるようにリアルな情報を入れていくことが重要じゃ。

ペルソナ設定STEP2:具体的なイメージを作る

結局、ペルソナを作ったときにイメージできるかがとても重要になります。

そういった意味では、画像はとても大切です。

人物像に合うプロフィール画像は納得感のある画像を選びましょう!

さらに、先ほど書いた項目の中で、個性が分かる部分を太字で表し、より個性が分かる部分だけを残したものにしていきます。

そして、その太字で書かれた各項目を並べて全体的に矛盾がないか確かめてみましょう。

アフィ博士
アフィ博士
特にパーソナルな情報だけを集めて浮き彫りにしていくことでペルソナに具体性が出てくるぞ

ペルソナ設定STEP3:2行~3行でペルソナを表す

さて、先ほどの方法で終わってしまってはちょっとだけもったいないので、さらに一つ考えてみましょう。

それは、2行〜3行でペルソナを言い表してみることです。

ペルソナ設定は、実は作った本人も全て理解できていないことも多々あります。

なので、改めて自分が理解するために作ったペルソナを短い文章で表してみるんです。

そうすることで作った本人も理解も深まるし、短い文章でまとめることで一番の特徴が分かりやすく自分以外の人が見ても分かりやすくなります。

アフィ博士
アフィ博士
ここまででペルソナへの理解はかなり深まったはずじゃ。ぜひ試してみるんじゃぞ