ブログの考え方

ブログ2ヶ月目で221,162円/月の収益化、CVR29.73%の自作メディアを解剖してみる

どうも!メディア運営大好きひげさんです。

いろいろとメディア運営してきた中でこんなに結果が出るのが早かったものは初めてでした!ちょっと興奮気味です。。

タイトルにもある通り、ブログを収益化し始めて2ヶ月で221,162円/月の収益化ができました。。
ちなみに目標は5万だったので、かなりたまげております。。

「SEOまだまだ弱いし、収益化なんて・・・」と考えてしまう方々を勇気付けるべく、サイトを解剖してみたいと思います!

ちなみに、今回結果が出たサイトは月間で3000PVあるかないかぐらいのサイトです。そんな小さなサイトでも役立つサイトに変えられる工夫を少しだけ覗いていきましょう!

信頼性は見た目も大切

読んでくれる人のためには、必ず見た目の気配りをしてあげる必要があります。

よく「見た目が9割」なんて聞いたことあるかもしれませんが、人は「目」から入る情報を一番信頼するそうです。

メラビアンの法則という難しそうな法則があるんですが、この法則によれば、人は3秒~5秒で第一印象を決めるそうなんですよ!これにはびっくりです。

実は、メディアにも同じことが言えて、記事を読む人が心地良く、信頼できる!と思えるようなデザインを考えてみましょう!

やってみてもいいことはたくさんあって、

  • ロゴを作ってみたり
  • アイキャッチ画像のクオリティーを高めてみたり
  • キャラクターを作ってみたり
  • バナーを作ってみたり
  • ブログ全体のデザインテーマを変えてみたり

もしやってないものがあったら・・・改善してみるとさらにメディア運営が楽しくなってきますよ!おすすめ!

SEOに惑わされないこと

よくアクセスアップしなきゃ!!見てもらわなきゃ意味がない!!

そんな話になったりしますよね。。仕事上でもこんな会話が繰り広げられるので、僕自身もSEO対策をやったりするんですが、本当は気にせず書きたいですよね!→仕事でこれ言ったらアウトですが。。

じゃあ気にせず書いちゃいましょう!SEOは最低限頭のすみにおいてやってみましょう。

目的を忘れないで、1人に刺さる記事を書きましょう。八方美人な記事じゃなくて尖った誰かに絶対役立つ記事を書くんです。

そうした記事は刺さります。なんでもありのオードブル的な記事じゃなく、激辛料理を作ってみましょう!

読まれなくても役立つ記事がある

「この記事全然読まれんなぁ」って記事ありますよね?

読まれない記事はゴミだとか言う方もいるかもですが、自分はそんなことないかなと思います。

A記事があることでB記事が読まれることがあるわけなんですよ!これ不思議なんですけどね。

これがなぜ起こるかというと、よくマックとかでポテト頼んだりする人はわかると思います。

自分、ポテトめっちゃ好きなんですけど、Lサイズってほとんど頼んだことないです。おそらく売り上げ的にもLは少ないはず。

じゃあ、Lサイズはいらないのか。いや、必要です。S,M,Lと3つの選択肢があるからMサイズがめちゃめちゃ売れるんです。

だから、読まれなくても役立つ記事があるとはそういうことです!わかっていただけたでしょうか?

プロブロガーが公表している数字を信じすぎない

僕の好きなプロブロガーにタクスズキさんって方がいるんですが、収益やCVRなどいろいろな数字をいっぱい公表してくれています。
※CVR=成約率。クリックしたユーザーが何%の確率で成約してくれるか、という数字。

僕が最近見たタクスズキさんが公表しているCVRが多い時で0.79%でした。

そして、今回僕が公表するCVRは、29.73%です。約38倍。
つまり3クリックに1人成約するという数字です。びっくりしました。。

このように常識をまず疑った方がいいかもしれないということをここでは伝えたいです。

まずは気持ちのリミッタを外さないと飛び抜けた成果が出ないような気がしてます。

もちろん、小さなサイトなので比較対象ではないかもしれないですが、一般的にCVRは1%いけば良い方なので、小さなサイトだと収益をあげる方が難しいということになってしまいがちなんです。

結論、小さいサイトでも頑張ればちゃんと役立つことはできますよ!!

コピーライティングもたまに忘れた方が良い

よく、セールスライティングとかコピーライティングとか、カッコイイ技をいっぱい使う方がいます。

確かにカッコイイです。カッコイイから僕も勉強して身につけました。

でもたまに忘れた方がいいです。

最近のスマホを使う人は、広告に慣れちゃってます。

慣れちゃってるから、セールスコピーが雰囲気で伝わっちゃう。わかっちゃう。

次世代のセールスコピーはセールスコピーを不必要なところにしないことだと思っています。

不要な部分を見つけてダイエットしましょう!

文章の濃度を濃くしましょう

「文章長くない?」って言われる文章は、濃度が薄いです。

やっぱり濃い味付けがうまいじゃないですか!ラーメンとか中華とか、好きじゃないですか?

文章の濃度を濃くするということは、文章を短くすることです。

短く、そして、同じように伝わる表現のことです。

見出しは無駄にながくなっちゃってないですか?僕はちょいちょいそういうことあるので、気をつけてます。※今回は気をつけれてません!すいません!

まとまってないまとめ

他にも工夫をしたんですが、あまりにも文字が多くなっちゃうのでまたの機会に。

今回は、文章のこと、記事に対する考え方、デザインのこと、といろいろ書いてきました。

もし参考になる箇所が少しでもあれば、少しでも参照してもらえると嬉しいです。まだまだ勉強してもっといろいろと分析できればと思ってます!

ありがとうございました!